2022年7月2日 CoderDojo青梅 – コンピュータの歴史を学ぶDojo

100年前のコンピュータって何だ?Windowsよりももっと昔の、お父さんお母さんが小学生だった頃のパソコンを探しに行こう!講師は「月刊アスキー」の編集長を務め、現在は青梅市の「夢の図書館・コンピュータ博物館」館長である 吉崎 武 さんが、ソロバン、計算尺、手回し計算機から2000年のiMacまでの100年間のコンピュータの進歩を約1時間で解説します。🔭単なる昔話ではなく、これから皆さんが技術分野で活躍するための重要なヒントを学べます。

みんなが集まるまでの館内探検

子どもたちは、会場に入るとすぐに館内の棚にあるコンピュータに釘付け。古いマイコンのキーボード操作感触、ちょっと前のパームトップ型機材の基盤、テーブルゲームのレバーなど、少し目の付け所が違うようです。それが楽しい。

館長さんの体験談(イントロ)

詳しくは次の機会で実際に聴講して欲しいのですが、なぜ館長さんがエンジニアになっていくのか、そしてなぜ図書館や博物館を運営することになったのか、ビルゲイツ氏やスティーブ・ジョブズ氏に日本で案内した思い出話もはさみつつ、エンジニアの原点や経緯について子どもたちに知ってほしいこと、大人のみんなにも振り返ってほしい内容を講演してくださいました。